« 昭和三八年一月九日医発第八号の二各都道府県知事あて厚生省医務局長通知あん摩師、はり師、きゅう師又は柔道整復師の学校又は養成所等に在学している者の実習等の取り扱いについて・あん摩行為の定義 | トップページ | 医事発第2 4 2 号無免許あん摩の取締等について »

現行犯の私人逮捕

刑事訴訟法・私人逮捕の条文

第212条

 第一項: 現に罪を行い、又は罪を行い終わった者を現行犯人とする。
 第二項: 左の各号にあたる者が、罪を行い終わってから間がないと明らかに認められるときは、これを現行犯人とみなす。
    1.犯人として追呼されているとき。
    2.贓物又は明らかに犯罪の用に供したと思われる兇器その他の物を所持しているとき。 
    3.身体又は被服に犯罪の顕著な証跡があるとき。
    4.誰何(すいか)されて逃走しようとするとき。

同法213条

現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することが出来る。

同法214条

検察官、検察事務官及ぶ司法警察職員以外の者は、現行犯人を逮捕したときは、直ちにこれを地方検察庁もしくは区検察庁又は司法警察職員に引き渡さなければならない。

同法215条

第一項: 司法巡査は、現行犯人を受け取ったときは、速やかにこれを司法警察職員に引致しなければならない。
第二項: 司法巡査は、犯人を受け取った場合には、逮捕者の氏名、住居及び逮捕の事由を聞き取らなければならない。必要があるときは、逮捕者に対しともに官公署に行くことを求めることが出来る。

同法216条

        現行犯人が逮捕された場合には、第百九十九条の規定により被疑者が逮捕された場合に関する規定 を準用する。

同法217条

30万円以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪の現行犯については、犯人の住居もしくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃亡するおそれがある場合に限り、第213条から前条までの規定を適用する。

|

« 昭和三八年一月九日医発第八号の二各都道府県知事あて厚生省医務局長通知あん摩師、はり師、きゅう師又は柔道整復師の学校又は養成所等に在学している者の実習等の取り扱いについて・あん摩行為の定義 | トップページ | 医事発第2 4 2 号無免許あん摩の取締等について »

無届医業類似行為」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和三八年一月九日医発第八号の二各都道府県知事あて厚生省医務局長通知あん摩師、はり師、きゅう師又は柔道整復師の学校又は養成所等に在学している者の実習等の取り扱いについて・あん摩行為の定義 | トップページ | 医事発第2 4 2 号無免許あん摩の取締等について »